一戸建て不動産を売却し、資産を増やそう。

新たな生活を始めるとき準備すべきこととは

登記簿謄本

登記簿謄本を取得しよう

一戸建てを売却する前にしておきたいのが、登記簿の確認です。これは、いざ売却するといった段階になって、売れないなんてことがないようにするためです。登記簿そのものを取得することはできません。取得できるのは、そのコピーである登記簿謄本になります。登記事項証明書と呼ばれることもありますが、内容としては同じものです。登記簿謄本の取得は法務局で行います。申請書に必要事項を記入し、収入印紙により手数料を支払うことになります。郵送での取得も可能ですが、おすすめは法務局に直接提出する方法です。申請書の書き方を丁寧に教えてもらうことができます。また、物件によっては地番や家屋番号が分からないことがあります。これらは申請書に記載しなければなりませんが、法務局で聞くことが可能です。一日でスムーズに終わらせたいという方は、法務局に行きましょう。

所有関係をしっかり確認しよう

登記簿謄本を取得して確認したいのは、その一戸建ての所有関係です。所有権を持っている者が自分ではない場合、売却するのが難しくなるためです。その一戸建てを自ら建てたという分には、問題なく所有者は自分になっているでしょう。ですが、その一戸建てが相続により取得したものである場合、そうとも限りません。登記は、自分で行わなければならないものです。しかし、期限があるものではないため、うっかり忘れてしまっていたということがあります。このような場合、登記簿上の所有者は故人となってしまい、売却の際にややこしい手続きが必要になります。他にも、共有しているケース、住宅ローンの抵当権が残っているケースなどが考えられます。売却手続き以外のことに時間を割かれないように、早めに確認しましょう。

ピックアップ

Copyright© 2015 一戸建て不動産を売却し、資産を増やそう。 All Rights Reserved.