一戸建て不動産を売却し、資産を増やそう。

新たな生活を始めるとき準備すべきこととは

遵法性が保たれている

一戸建てを売却するときには、建物の遵法性が保たれているのかを確認しておく必要があります。
遵法性が保たれていることは、建物が法律や条例に即して建設されていることや使う目的があっているのかなどのことを指します。
遵法性が保たれていない建築物に関しては、売却することが難しくなります。理由として買い手が購入を決める前に、確認する書類に遵法性が保たれているのかを確認するからです。資料についても遵法性が保たれていることを記載しているので問題があるときには、購入を見送ることもあります。
また遵法性の程度によっては、金融機関をつかって住宅ローンなどが利用できないこともあります。買い手には、住宅ローンを使って購入する人が多くいるので、購入の妨げになります。売却の価格にも影響してくるので、遵法性が保たれていることは、とても大切なことになります。
売り手自身では、わからないこともあるので、建築時の資料と同じように、不動産会社などに相談して確認しましょう。

建築の遵法性に関した大切なポイントは、行政や指定検査機関の検査を適法に受けているのかが大切になります。詳しくいうと、建築の確認や中間検査、完了検査などを受けていることと各種法令に適合しているのかを判断されることが大切になります。検査で法令に適合していることを判断することができると確認済証や中間検査合格証、検査済証などをもらうことができます。

Copyright© 2015 一戸建て不動産を売却し、資産を増やそう。 All Rights Reserved.