一戸建て不動産を売却し、資産を増やそう。

新たな生活を始めるとき準備すべきこととは

建築時の資料を揃える

一戸建て売却をするときには、売り手がやらないといけないことがあります。それは、建築時の資料です。一戸建ての場合は、マンションと異なり、新築時の資料を管理組合や他の区分所得者が保管していません。そのため、住宅を売るときには、売り手が持っている資料が全てになります。

新築で購入した時には、不動産会社や建築をした施行会社から引き継ぎでもらった資料を確認することが必要になります。また、中古で購入した時には、前の住人から引き継いだ資料を確認します。一戸建ての資料は、普通ダンボール箱の1つ分あります。この膨大な資料の中には、行政への建築時の届け出の原本などがあります。また、工事記録や仕様書、竣工図面、保証書などが含まれています。
一戸建ての設備などによって、施工会社による建物や設備に関する保証書や保健証などもあるのでとても資料は重要になります。資料が見つからない時や前の住人から資料を引き継いでいない場合には、不動産や施工会社に連絡をしましょう。そうすることで保管してれば、資料をもらうことができます。また、資料が見つかることで売却を委託することができる不動産会社に一度診てもらうことができます。さらに、大事な資料の有無も確認してもらうことが大切になります。
他にも一戸建ての売却を行うときには、いろいろな準備をすることが必要になります。賢く準備を行うためにもいろいろな知識や情報を入手しておくことが重要になります。

Copyright© 2015 一戸建て不動産を売却し、資産を増やそう。 All Rights Reserved.